タウンホール8、ホグラッシャーとしてクラン戦用の戦闘要員枠ですが、
煮詰めた結果以下をレギュラーメニューとしています。

ホグライダー25体(125枠)
ウィザード13体(52枠)
ジャイアント1体(5枠)
アーチャー9体(9枠)
バーバリアン9体(9枠)

計200枠となります。

ジャイアントはクラン城からの釣り出し要員
すぐやられそうであれば2匹に増やします。
壁に阻まれる配置ならば0体にしてホグを増やしてホグで引っ張ります。

アーチャーとバーバリアンは最小限なので一体でも無駄打ち出来ません。
このギリギリ枠が技術の向上に繋がります。

ある種、このゲームは無駄打ちをいかに無くすかがキモと見ています。

そして、クラン城にはドラゴン1体(25枠)とジャイアント1体(5枠)を入れて貰っています。

これはヒーロー処理要員です。

ジャイアントでバーバリアンキングを引き付け、ドラゴンで無慈悲(北朝鮮風w)な放火をします。
ジャイアントは早死にするのでここに自身のバーバリアンキングを当て引き寄せを継続する
事が多いです。

ウィザード枠を1体減らし、ガーゴイル2体とアーチャーなんかも
試してみてもいいかもしれません。

スペシャルメニューとして


ホグ5体をクラン城に入れてホグ増しします。

これは作る人の経費も馬鹿にならないので決め時しか使わないようにしています。