現在、明星杯メンバーを集めて山籠もりをしています。

Salzburg04
 

開戦日前に10人を集めて調整戦を一戦だけやる予定が

 

私がものの見事に日程を1週間間違え今に至ります・・・

 

しかし「怪我の功名!」と言える私にとっては大きな発見がありました。

 

内部でやっていることは対戦相手の固い村を2つ指定して全員でそこを攻め込みあーだこーだやっています。

 

防衛については敵のレベルがいまいちであまり参考にはなりませんが防衛理論も同じくあーだこーだやっています。


ラボに近いものがあります。
 

普段のクラン戦だと行きたい場所と勝つ為に攻める場所が異なったりするでまた別の感覚です。

 

90%まで詰めた人の戦略を練り直して100%にしたりとこの上乗せがなかなか面白いのです。

 

人が少ない点により賑やかさは無いのですが会話は戦術理論でほぼ埋められ、成長するにはこれ以上ない環境です。

 

10人とメンバーは少なく、普通のクランであればここから人を増やすことばかり考えなければなりません

しかしここは10人限定クラン、人員管理の必要は一切ありません

blog!%202
 

戦うことだけに特化したこの場所は私にとってはある種の隠れ家というか楽園(エデン)と感じています。

 

人が少ないが連携も取り易くログが流れることもありません

 

イン時間が違っても下を読めば流れは把握出来ます。
 

普段我々は人を増やすことしか頭にありませんが

 

少人数のメリットを見直せるいい機会となりました。

正直これだけで明星杯に参加して良かったと思っています。

 

今5人増やし15人体制にしましたが、これだと許容のギリギリというか若干多い

 

これ以上増やせば連携が取り辛くなり人員管理が増え楽園でなくなります。

 

楽園が崩壊するのはいつでも人が増え荒れるからと相場が決まっています。

 

この少人数でのクランシステムはかなり面白く

 

10人限定のエデンクランを作り本部とは別に練習・技術特化用として回していくことを考えています。


技術向上、マンネリ化体制の防止、息抜き、メリット多数!
 

10人固定と増減もないので人の管理もほぼ不要なうえ余っている支部も活用出来

一応支部と言う位置付けにも出来る


本部と支部ならぬ

本部と隠れ家ってとこですかね
 

あれ?もしかして本部支部間の問題が思わぬ形で解決出来ちゃった( ^ω^)?

 

ここに入りびたれても困るので細かいルールは纏めますがそんな流れでいます。