今日はもう一つの稼ぎの柱を何にするか検証してみました。

まず自分の柱のおさらい

①会社収益
②株収益

株の収益は経済情勢に左右されますがここ数年は両方合わせて年収1000万を超えてます。

株の力を借りてますがこれだけ年収があると普通に暮らすには不自由はありません。
自分の場合は独身なので欲しい物も買えるし海外旅行、夜に豪遊してもお金が余ります。

fe1f1809-f758-43fb-b956-b2a7b34790e2

独身貴族とはワイのことや( ^ω^)


既婚者「小遣い3万に昼食代も含まれるんだぜ・・・」

( ^ω^;)「大変っすね・・・(夜一回遊びに行ったら終わりだな)」


悪いのは資本主義なんや!

ただ、年収1000万というと聞こえはいいですが税金やらなんやらで3、4割は消えるので
思ったほど金は残りません


やはりもっと金がいる!!!


9年後に1億と決めているので幾らあっても足りません。

第1の収益の柱である会社については仕事がキツすぎて一時転職を考えましたが転職すると
良くて年収500万あたりなのでこれはもう考えるのをやめました。
ある本で読みましたが現状がキツイチームに人を増やすか給料を2割上げるか聞いたら
みんな給料を選んだそうです。
やっぱりそうなるんやね( ^ω^)

第2の柱である株は順調で将来性も高く
何より自分の性格に合っているのでこれも柱として当然継続

そして第3の柱!

当初ブログを書いて収益確保と考えたのですが
毎日長い時間をダラダラ使って更新してもしょぼいアクセス数に皆無な収益性・・・
株だと本を1時間読んで1ヶ月後に100万もザラにあるので作業から考えると
最悪の部類で鼻毛を抜いてた方がマシです。

せどり
これはかなり現実的で安いものを仕入れて売る、株と大原則は似ており
自分向きと感じました。
しかし転売して得られる利鞘を考えると株に圧倒的に劣り
これだと小遣い稼ぎで終わってしまいます。

YouTube
ブログの強化版といった感じ
現代っ子にとって文字より動画の方が分かりやすく今の主流は間違いなくこいつです。
一つの分野で成功出来れば十分な収益となりますが毎日更新は自分には厳しい
何より人気を出すのが一番難しいかも

直接労働
これが一番手っ取り早いのですが
副業できず・・・(´・ω・`)

他にも駐車場経営やらマンション経営も検討しましたがこちらは資金が何千万もいるので
厳しい・・・ただ会社勤めしている間は融資も受け易いのでチャンスは有ります。

自分のできる範囲だとこんな感じでしょうか

現実的なのはなせどりとYouTube・・・
せどりは小遣い稼ぎも出来ますが収益が月2、3万では話にならないので
YouTubeになってしまうのかなぁといったところです。

ただこの業界も一つの先行者利益はもう終わっているので
通常のやり方ではもう利益も当然見込めません。



数日考えひとつの道が見えました。



日本では聞いたことないようなラッパーが世界では大成功しています。



優秀な読者はもう分かったと思います。



英語圏なら分母で勝てる!
日本は市場の一つにもなるがメインは英語圏

日本語を使う以上、市場が日本に限られます。
これが英語圏になれば何十倍にも膨れ上がるわけで・・・
そもそもインターネットの概念は世界ですが、結局日本という市場に落ち着いてしまっているのが現状です。ここを突くしか成功の道は無さそうです。

機材は金で解決するとして
英語は知り合いに頼む&ネットでなんとかする

後はネタを何にするのか・・・

2つのネタが思いあたるので両方やって生き残った方を採用

一年やってしょぼかったら撤退

こんな感じで行きましょうかね
結局トライ&エラーの繰り返しです。