死ぬまでやらないと誓ったことの中に宝くじの購入があります。

この時期になると年末ジャンボを買い求め多くの人々が宝くじ屋さんに並んでいます。
例の銀座の売り場なんて現場を通ったことがあるのですが凄まじい行列に驚きました。

01_01

宝くじは庶民が億万長者になれる方法のひとつではありますが
当選確率は極めて低く1等は二千万分の一の確率です。

スクリーンショット 2018-11-28 21.43.39

確率論でいけば最悪の部類で、購入自体は少額で済みますが、逆に億万長者になる最も
困難な道と言え、宝くじで億万長者を目指すのならYouTuberで目指す方が遥かにマシです。

僕も同僚の多くが宝くじ買っていく様を見たのですが、決まって言うのが

夢を買っている
買わないと当たらない

このセリフです。

まず宝くじを買って年末まで当たったことを妄想するのは楽しく一見ありに見えますが

夢を叶えることを気づかないうちに他人の力に委ね、自分の力で切り拓くということを
諦めてしまっています。
もうこの状態になったら一生夢なんて叶わないでしょう


1-2
俺は自力でフェラーリ買ってフェラーリしてもらうんじゃゴラァ


次に買わないと当たらない
これについては確率を見れば分かる通り買っても当たらないの間違いです。
億という金の前に小学生でも分かることが分からなくなってしまっています。

宝くじは最も安易に走れる行為ですが、同時に自らのチャレンジ精神を潰すことにも繋がるので
即刻買うのを辞めましょう

僕の経験上、優待株を最低単元買った方がよっぽど幸せになれます。