送別会ラッシュが続いています。
現代社会では飲み会は時間の無駄と考える人も多くなっています。

僕もどちらかというとそっち寄りの思考ですが、自分が主役の飲み会は無駄がなくて悪く無いです。
人生も大体こんな感じですわ

ただ飲み会は大幅な時間泥棒に変わりはないので1次会迄の参加がベストと思います。
2次会以降は愚痴やらなんやらの世界ですから・・・

さて今朝は驚いたのですがお札が刷新されるそうです。

1万円札は渋沢栄一
5000円札は津田塾大学の創始者の津田梅子
1000円札は北里柴三郎
1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。
5000円札の肖像は04年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、1000円札の肖像は同年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。

紙幣の様式は通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて財務相が決める。
一番驚きなのは福澤諭吉先生が遂に切り替わることでしょう。

渋沢栄一とは何者なのか・・・
理系脳で歴史を一切学ばなかった僕にはなーにもわかりましぇん( ^ω^)

スクリーンショット 2019-04-09 8.06.41

wikiによると裕福な豪農に生まれ尊皇攘夷派だったのに数奇な運命により徳川慶喜に仕え世界を飛び回る。
大政奉還後は慶喜の元を離れ大蔵省に入るも仲間と揉めて第一国立銀行へ(現みずほ銀行)入り頭取へ
以降は多くの会社設立に関与
東京瓦斯、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖、澁澤倉庫
どこも有名どころ・・・
その功績により日本資本主義の父と呼ばれているそうな

大蔵省という組織に入るも自分の裁量で物事を決めることができず、これらは全て独立してからの功績となります。
自分に決定権がない組織にいることのデメリットを教えてくれますね。


官尊民脾を打破すべく動く渋沢栄一

公益の為に動くなんとも素晴らしい姿勢
しかし、残念ながら現代日本においては資本主義と更なる官僚化が進み、金の奪い合いが色濃くなった企業も跋扈しております。

6ff747d4
この世は諭吉先生を多く集めたカードゲーマーが支配するのだよ
モラルじゃケツ拭く紙にもならんおっおっおっ

このように個人レベルでも道徳心がなくなりつつあり、自己利益の追求社会となっております。

渋沢が説く道徳を何故か皆捨てていってしまうのです・・・

世の中綺麗事だけでは食っていけませんが、日本人の根底にある道徳や優しさは宝だと思います。
まぁ裏では村八分とか凄いことにもなるんすけどね

お札の刷新はババア達のタンス預金を攻略する為にやるとも聞いたことがありますw

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ