ブログの執筆環境を音声入力に切り替えました。
siri_voice
結論から言うとこれは革命レベルの進歩です。
何でもっと早くやってこなかっただろうと三井寿ばりに後悔しています。

きっかけはたまたまブログを徘徊していた時に音声入力で記事を書いているブロガーに遭遇したので
試しにちょっとやってみたんです。

最初は全然違う言葉が出てきて

こんなもん使い物になるか!

と思ったんですけど、暫くたちベットで寝ながらやってみたら
最高にラフな環境で下書きが作れることに気付きました。


79fde29f
寝ながら執筆最高だお

今までタイピンするときは椅子に座ってきちんとした姿勢にならないといけなかったのですが、ベットで寝ながらラフな格好で出来るようになったのは大きいです。

音声入力だったらベッドに転がって適当にしゃべってれば内容がガンガン記載されて行きます。
当然誤字脱字は多いのですが、作業スピードが段違いなのです。

自分はウィンドウズ95からパソコンを触ってきたのでタイピングはそれなりのスピードですがそれでも音声入力には全く歯が立ちません。

・実質1時間で1週間分の記事の下書が出来上がったと思います。

この生産性の高さは目を見張るものがあります。

・記事を量産したい方
・スピードアップしたい方

音声入力はかなり使えるとみました。

タイピングと違い頭で考え口で出力していく場合待機時間が無いからとにかく早い!
例えるなら信号のない道路みたいなもんです。

音声入力の使用機器に関してはiPad proとiPhone ProMax両方試しました。

ここでipad Pro VS iPhoneProMaxのドリームマッチ!

まさにPro同士の戦い

結果はiPad Proの方が変換速度が速かったです。

新型iPhoneの実力も結構期待したのですが、ipad proには勝てず

ipadは早口でも付いてこれましたけどiPhoneはちょっと遅れてからの反応レベル
これでも充分行けますが、ipad proの速度を体感するとちょっとね・・・といった感じ

初めてCPUをスケベ動画意外で使ったこの満足感・・・( ^ω^)

あとは書いた記事をiCloudでimacと連動させればノータイムで清書に入れます。

ipadのキーボード付きのカバーを買えばipadをメイン機に切り替えられそうです。
iosの更新でマウスも使えるようになったので更にその可能性は高まりました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ