大阪に来て6ヶ月が経ちました。

こちらに来て最初はここも福岡のような劣悪な環境と同じと思っていましたが、杞憂に終わり多少の忙しさはありますがそれなりに平和に過ごしております。

そして仕事も順調にこなし半年経った今、席が上司の隣に移ることになりました。
20160130085720538
やらない部長「下期からやる夫がチームリーダーで行くからみんな宜しく」


ea08060a

ここ数年、東京から左遷されてからは不遇の境遇を過ごして来ました。
仕事には冷めた感じでいたので、複雑な気持ちもありますが人に評価されるのは嬉しいですハイ。

自分がスピード出世出来たのは良くも悪くも福岡での劣悪な環境で仕事を捌いていたのが大きいと思います。

朝から晩までひたすら働き続け、気付いたら何処でもやっていけるレベルに成長していたのです。
自分も天狗になっていた時期があったのでここで見直せる機会にもなりました。

frcwf5rwfwcfwr
仕事の速さの理由を聞かれ地獄の福岡の話をするのですが、みんなマジ?ってなるけど
マジなんだよなぁ・・・


仕事にはルールを課していて

・自分のやるべきことはきっちりやる。
・困っている人がいたら助ける。
・上司の依頼は最優先で対応し突っ込みが無いよう返す。

この3点に絞り対応して来ました。

シンプルなルールですが、これが日本のビジネスシーンで出世できるルールと僕は思います。

恐らく多くの人は1番で終わる人が多いです。

2番目は余裕が無いと出来ないし、自分の負担も増えるので皆嫌がります。

ただ、助けることによって人間関係は良好となり自分が困った時に助けてくれるギブアンドテイクの関係が構築出来るので、先行投資みたいなもんです。

3番目は返すだけは早い人が多いのですが、上司の性格に合わせて処理をするのがポイント
例えばメールで添付資料を付けて終わるだけではなく、事前に突っ込まれそうなポイントを解説して送る

そうすれば上司の手間も省け、「こいつ分かってるな」と評価が上がるわけです。

前者だと上司からの指摘が入り更なる返信が必要となるのです。
一見楽だけど、後で面倒をみるパターン

思うのは目先の楽なことを優先して仕事をするとロクなことにならないよってこと
仕事は長期投資のようにやると効果が出ます。

刹那的な楽はあまり続かないのが世の常ですから


このご時世に出世してどうするの?


ここで現実問題も少し
出世に合わせ当然仕事は今後忙しくなります。

給与も上がるのは4月からなので、金銭面でのメリットは現状ほぼありません。
そしてプライベートの時間は減ります。

やはりこの問題には行き着きますね。
日本のビジネスマンである限り仕方がないのでしょうか

そして自分が出世出来たのはもうひとつ理由があります。

・事務職を希望する人が増えた。(事務職は転勤を伴う異動がないが管理職になれない)
・高齢化で中間層の30代が希少

今、異動を嫌って事務職になる人が激増しています。
給与はかなり落ちるのですがそれでも今の環境を壊したく無いと考える人が多いのです。
若手でもこの考えが多く、「やっぱプライベート重視っしょ」という返答でした。

あとは高齢化
自分のチームには30代が自分しかおらず、その上の40、50代は多くいます。

本来、私ではなくその上の世代が引っ張るべきなのですが機能していない・・・w
年功序列でエスカレーター式に登って来た人達が大半なんですが、正当な評価を得ないで登って来た人は結局使えない現実があります。

日本の政治家が駄目な理由も同様ですね
二世議員なんて論外ですよw

こういった環境要因も後押ししてくれた訳です。

あまり深く考えても仕方がないのでとりあえず管理職手前のランクまでは登ることにします。

やっぱりお金が欲しいのは事実だし
今のメイン収益は会社での労働によるものですからね

20111119185845cf0
上司のフォローが増え気苦労も増えるお


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ